大鳥圭介の似顔絵

大鳥圭介のイラスト

大鳥圭介

おおとりけいすけ(1833-1911)
幕末の幕臣、明治時代の外交官

播磨国出身。大坂の適塾で蘭学を、江戸の江川塾で兵学を修めた後、幕府に登用されて歩兵奉行となる。鳥羽伏見の戦いによる幕府崩壊以降、徹底抗戦を唱えて宇都宮・会津などを転戦、榎本武揚らと共に箱館五稜郭で奮戦するも降伏。出獄後は新政府に迎えられ、特命全権公使として清国に駐在し、日清戦争に至る外交交渉を展開。のち枢密顧問官も務めた。

関連人物

  • 徳川慶喜(第15代将軍):主君。
  • 緒方洪庵(蘭学者):蘭学の師。
  • 江川英敏(韮山代官):兵学の師。江川英龍の子。
  • ブリュネ(幕府軍事顧問):西洋兵学の師。箱館戦争で軍事的に支援。
  • 勝海舟(陸軍総裁):江戸無血開城を実現。
  • 小栗忠順(陸軍奉行並):戊辰戦争で共に徹底抗戦を主張。
  • 榎本武揚(海軍副総裁):箱館五稜郭での降伏後、共に新政府に出仕。
  • 松平太郎(陸軍奉行並):箱館五稜郭での降伏後、共に新政府に出仕。
  • 土方歳三(陸軍奉行並):箱館五稜郭で共に抗戦するが戦死。