尾崎紅葉の似顔絵

尾崎紅葉のイラスト

尾崎紅葉

おざきこうよう(1868-1903)
明治時代の小説家

江戸芝出身。東大予備門在学中に山田美妙、石橋思案らと硯友社を結成し、「我楽多文庫」を発刊。1889年に「二人比丘尼色懺悔」でデビュー、帝国大学国文科を中退して読売新聞社の作家となる。井原西鶴に倣った雅俗折衷の文体による「伽羅枕」「三人妻」などで好評を博し、幸田露伴と並んで明治文壇に君臨。97年から長編「金色夜叉」の執筆を始めるが、胃癌のために未完のまま没した。泉鏡花や小栗風葉ら優れた門人を抱え、俳人としても活躍した。

死なば秋 露の干ぬ間ぞ おもしろき

辞世の句

関連人物

  • 幸田露伴(小説家):府中学の同級生。共に「紅露時代」を築いた。
  • 石橋思案(小説家):「硯友社」同人。
  • 山田美妙(小説家):「硯友社」同人。
  • 巌谷小波(児童文学者):「硯友社」同人。
  • 井原西鶴(浮世草子作者):西鶴が影響を受けた。
  • 泉鏡花(小説家):門人。
  • 小栗風葉(小説家):門人。
  • 徳田秋声(小説家):門人。
  • 田山花袋(小説家):門人。後に自然主義へ移行。
  • 内田魯庵(評論家):硯友社流の「遊戯文学」を批判。