パルミジャニーノの似顔絵

パルミジャニーノのイラスト

パルミジャニーノ / フランチェスコ・マッツォーラ

Parmigianino / Francesco Mazzola(1503-1540)
イタリア・マニエリスムの画家

パルマ出身。パルミジャニーノは「パルマの小僧」を意味する通称。叔父から絵画の基礎を習い、聖堂内の壁画制作に携わっていた際、同僚のコレッジョにも学んだとされる。1524年にローマへ出て活動するが、ローマ略奪に巻き込まれてボローニャへ逃れた。後に帰郷し、37歳の若さで死去。上下に引き伸ばされてS字にうねる人体や、幻視的な色彩表現を特徴とし、マニエリスムの典型を示している。代表作に「凸面鏡の自画像」「長い首の聖母」など。

関連人物

  • レオナルド(芸術家):パルミジャニーノが影響を受けた。
  • ミケランジェロ(芸術家):パルミジャニーノが影響を受けた。
  • ラファエロ(画家):パルミジャニーノが特に影響を受けた。
  • コレッジョ(画家):師とされる。
  • ロッソ・フィオレンティーノ(画家):交流。

参考リンク

(2010/12/06 改作)