シーボルトの似顔絵

2014/05/20

シーボルトのイラスト

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

Philipp Franz von Siebold(1796-1866)
ドイツの医者・博物学者

ヴュルツブルク出身。ヴュルツブルク大学で医学や動植物学を学び、オランダ領東インド会社の医官となる。1823年に来日して長崎出島のオランダ商館に着任、診療のかたわら郊外に開設した鳴滝塾で蘭学を講じた。のち商館長の江戸参府に随行して高橋景保や最上徳内らと交流。1828年の離日の際、幕府禁制の伊能図の持ち出しが発覚して国外追放となった(シーボルト事件)。帰国後は日本学の権威として名声を高め、日本の開国促進運動にも関わった。

関連人物

  • 楠本イネ(産科医):日本人女性との間の娘。
  • A.v.シーボルト(外交官):長男。明治政府御雇として外交政策に携わった。
  • H.v.シーボルト(外交官):次男。日本の考古学研究に業績を残す。
  • 高野長英(蘭学者):高弟。幕府の対外政策を批判して蛮社の獄で捕えられた。
  • 伊東玄朴(蘭学者):弟子。幕府蘭方奥医師として活躍。
  • 二宮敬作(蘭学者):弟子。シーボルト追放の際にイネの養育を託された。
  • 高橋景保(幕府天文方):交流。シーボルトに伊能図の複写を与えて処罰された。
  • 最上徳内(北方探検家):交流。北方事情を意見交換した。
  • 間宮林蔵(北方探検家):交流。シーボルト事件を幕府へ密告した。
  • 伊能忠敬(測量家):「大日本沿海輿地全図」作成者。

-幕末, 似顔絵, 世界の人物, 江戸時代, オランダ, ドイツ
-, ,