佐久間象山の似顔絵

佐久間象山のイラスト

佐久間象山

さくましょうざん(1811-1864)
幕末の松代藩士・思想家

信濃松代藩出身。江戸で佐藤一斎に学び、神田に私塾を開く。アヘン戦争での清の大敗に衝撃を受けて海外事情を研究し、老中真田幸貫に「海防八策」を献上。また江川英龍から砲術を学び、勝海舟らに教えた。のち門弟の吉田松陰の密航計画に連座して故郷で蟄居、赦免後は開国・公武合体論を唱えるようになるが、攘夷派の怒りを買って暗殺された。

関連人物

  • 真田幸貫(老中):アヘン戦争を機に、象山が「海防八策」を提出。
  • 阿部正弘(老中):ペリー来航の際に、象山が「急務十条」を提出。
  • 佐藤一斎(儒学者):詩文・朱子学の師。
  • 江川英龍(幕臣・韮山代官):兵学・西洋砲術の師。
  • 勝海舟(幕臣):義兄で門弟。
  • 吉田松陰(思想家):門弟。海外密航を企てたが失敗。
  • 河井継之助(長岡藩家老):門弟。
  • 坂本龍馬(土佐浪士):門弟。
  • 加藤弘之(思想家):門弟。
  • 狩野芳崖(日本画家):門弟。