プロコフィエフの似顔絵

プロコフィエフのイラスト

セルゲイ・プロコフィエフ

Sergei Sergeevich Prokofiev(1891-1953)
ロシア、ソ連の作曲家・ピアニスト

現ウクライナ出身。幼少から音楽の才能を発揮し、ペテルブルク音楽院でピアノと作曲を学ぶ。1918年、革命の混乱を避けて出国し、日本経由でアメリカやパリに滞在。33年にソ連へ帰国して活動した。当初は前衛的な作風だったが、次第に新古典主義的な様式へ移り、帰国後は当局が掲げる社会主義リアリズムに沿った作品を描いた。「古典交響曲」、音楽物語「ピーターと狼」、オペラ「戦争と平和」のほか、ピアノのための作品も多く残した。

私は自分が日本に魅了されるとは思ってもいなかったし、シベリア東部を占領しようとする日本人に少し腹を立ててさえいた。しかし、日本のように素晴らしい国は見たことがないと言わねばなるまい。魅惑的な険しい緑の山々が、ちっぽけな四角に区切られ、かくも愛情こめて丹念に耕された田畑と交互に続いている。まったく、土地問題を抱える我ら同志諸君は、日本をひと巡りしたほうがよかろうに!

「日本滞在記」
1918年5月31日

関連人物

  • リャードフ(作曲家):ペテルブルク音楽院の師。
  • リムスキー=コルサコフ(作曲家):ペテルブルク音楽院の師。
  • チェレプニン(作曲家):ペテルブルク音楽院の師。
  • ミャスコフスキー(作曲家):友人。
  • アサフィエフ(作曲家):友人。
  • ディアギレフ(バレエ主宰者):バレエ作品の作曲を依頼。
  • シェイクスピア(劇作家):バレエ音楽「ロメオとジュリエット」の原作者。
  • ペロー(詩人):バレエ音楽「シンデレラ」の原作者。
  • ジダーノフ(ソ連共産党局員):プロコフィエフらの作品を批判。
  • スターリン(ソ連最高指導者):同年同日に死亡。

参考リンク