志賀直哉の似顔絵

志賀直哉のイラスト

志賀直哉

しがなおや(1883-1971)
明治末期~昭和時代の小説家

宮城県出身。東京帝国大学国文科中退。1910年に学友の武者小路実篤らと同人誌「白樺」を創刊。父との確執を「大津順吉」「和解」で描きながら、「城の崎にて」「赤西蠣太」「小僧の神様」などの短編で作家としての地位を築く。1937年完結の長編小説「暗夜行路」は、近代文学屈指の名作として多くの賞賛を集めた。強烈な自我意識と明晰な文体によって独創的なリアリズムの文学を確立し、芥川龍之介に敬服される一方で、太宰治らの反発もあった。

関連人物

  • 内村鑑三(キリスト教思想家):学習院時代の志賀が聴講して影響を受けた。
  • 武者小路実篤(小説家):学友。白樺派同人。
  • 木下利玄(歌人):学友。白樺派同人。
  • 有島武郎(小説家):白樺派同人。
  • 里見弴(小説家):白樺派同人。
  • 柳宗悦(思想家):白樺派同人。
  • バーナード・リーチ(陶芸家):白樺派と交流。
  • 滝井孝作(小説家・俳人):志賀の影響を受けた。
  • 尾崎一雄(小説家):志賀の影響を受けた。
  • 太宰治(小説家):自作の中で志賀を徹底的に罵倒した。