ボーヴォワールの似顔絵

ボーヴォワールのイラスト

シモーヌ・ド・ボーヴォワール

Simone de Beauvoir(1908-1986)
フランスの小説家・哲学者

パリ出身。ソルボンヌ大学で哲学と文学を修得。21歳の時にサルトルと出会い、事実上の妻として彼の実存主義に同伴する。1949年発表の評論「第二の性」において、女性は男性主体の社会と文化によって作られたものである事を立証し、後の女性解放運動の思想的原点となった。他に小説「招かれた女」「他人の血」、自伝「娘時代」などを著した。

関連人物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする