杉田玄白の似顔絵

杉田玄白のイラスト

杉田玄白

すぎたげんぱく(1733-1817)
江戸後期の蘭方医

江戸牛込出身。小浜藩医の子に生まれ、奥医の西玄哲に蘭方外科を学んで家業を継ぐ。1771年、江戸小塚原刑場で刑死体の解剖を実見し、蘭語版「ターヘル・アナトミア」の精度に驚き、前野良沢や中川淳庵らと共訳を開始。74年に「解体新書」として刊行する。診療の合間に学塾「天真楼」を経営し、大槻玄沢や宇田川玄真らを輩出、日本における西洋医学・蘭学の基礎を築いた。晩年に追想録「蘭学事始」を記し、後に福沢諭吉が出版している。

関連人物

  • 山脇東洋(医者):日本初の人体解剖を記録し、玄白に影響を与えた。
  • クルムス(解剖学者):「ターヘル・アナトミア」の原著者。
  • 吉雄耕牛(オランダ通詞):玄白らを指導し、「解体新書」に序文を寄せた。
  • 前野良沢(蘭学者):友人。「解体新書」共著者。
  • 中川淳庵(蘭学者):友人。「解体新書」共著者。
  • 小田野直武(蘭画家):「解体新書」挿絵担当。
  • 平賀源内(本草学者):友人。
  • 大槻玄沢(蘭学者):弟子。
  • 宇田川玄真(蘭学者):弟子。
  • 福沢諭吉(思想家):玄白の追想録「蘭学事始」に感銘して出版化。

参考資料

  • 石川大浪:杉田玄白肖像

(2011/04/25 改作)