モアの似顔絵

トマス・モアのイラスト

トマス・モア

Thomas More(1478-1535)
イギリスの法律家・外交官・思想家

ロンドン出身。早くからカンタベリー大司教に仕え、オックスフォード大学中退後、リンカーン法曹院を卒業。弁護士、判事を経て下院議員となり、外交官としてフランドルに滞在。帰国後、国王ヘンリー8世に重用されて大法官を務めるが、王の離婚に反対して辞官。カトリック信徒の立場から国王至上法を拒否し、反逆者として投獄・処刑された。1516年の著書「ユートピア」で当時の社会を批判し、自由平等や財産の共有など共産主義的な理想国家を描いた。

関連人物

  • フィチーノ(哲学者):モアが影響を受けた。
  • コレット(人文主義者):交流。
  • エラスムス(人文主義者):交流。
  • ヘンリー8世(イングランド王):主君。国王至上法によってカトリックを離脱。
  • トマス・クロムウェル(閣僚):政敵。王の腹心として国王至上法を主導。
  • フィッシャー(聖職者):モアと共にカトリックの正統を貫き、処刑された。
  • ホルバイン(宮廷画家):モアの肖像を描いた。