坪内逍遥の似顔絵

坪内逍遥のイラスト

坪内逍遥

つぼうちしょうよう(1859-1935)
明治時代~昭和初期の小説家・評論家

美濃国出身。東京大学文学部を卒業後、東京専門学校(早稲田大学)の講師となる。在学中から文学研究に携わり、東西の小説観の落差を認識。26歳で評論「小説神髄」を発表し、戯作からの脱却と心理的写実主義を説き、「当世書生気質」で近代小説を実践した。後に小説からは退き、1891年に文芸誌「早稲田文学」を創刊して文芸批評を展開。日露戦争後は島村抱月らと文芸協会を組織し、シェイクスピアの研究・翻訳に携わるなど演劇運動にも尽力した。

小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ。人情とはいかなるものをいふや。曰く、人情とは人間の情欲にて、いわゆる百八煩悩これなり。

「小説神髄」

関連人物

  • 高田早苗(教育者・政治家):東大で交友。
  • スコット(詩人):東大在学中に翻訳。
  • シェイクスピア(劇作家):逍遥が研究し、完訳「沙翁全集」を出版。
  • 曲亭馬琴(戯作者):逍遥が影響を受け、後に「小説神髄」で脱却を図った。
  • 森鴎外(小説家):逍遥と「理想」を巡って論争を繰り広げた。
  • 二葉亭四迷(小説家・翻訳家):逍遥との交流を通じて「小説総論」を発表。
  • 島村抱月(評論家):逍遥と共に文芸協会を組織。
  • 幸田露伴(小説家):「小説神髄」に感化されて小説家を志した。
  • 片桐且元(豊臣家家臣):戯曲「桐一葉」の主人公。
  • 役小角(呪術者):戯曲「役の行者」の主人公。