筒井順慶の似顔絵

2014/05/21

筒井順慶のイラスト

筒井順慶

つついじゅんけい(1549-1584)
戦国時代~安土桃山時代の武将・大名
大和筒井氏当主

筒井順昭の長男。父の早世により2歳で家督を継ぎ、宿老の補佐を受ける。松永久秀の乱入で居城筒井城を追われると、三好三人衆と結ぶなどして対抗し、筒井城の争奪戦を展開。のち明智光秀の斡旋で織田信長に仕えて大和守護となり、信貴山城で久秀父子を討って国内平定を果たす。本能寺の変後は光秀の誘いに乗らず、山崎の合戦後に羽柴秀吉に参じた。豊臣政権下で大和の所領を安堵されるが、小牧・長久手の戦いからの帰還後ほどなくして病に倒れた。

関連人物

  • 筒井順昭(大和守護代):父。代々の興福寺官符衆徒。
  • 松永久秀(大和の大名):宿敵。信貴山城の戦いでは順慶が先鋒を務めた。
  • 織田信長(尾張の大名):主君。順慶を傘下におき、大和守護に任じた。
  • 明智光秀(織田家重臣):順慶を与力として信長傘下に組み入れた。
  • 羽柴秀吉(織田家重臣):山崎の合戦に遅参した順慶を叱責し、所領は安堵した。
  • 島左近(筒井家重臣):順慶死後、石田三成に請われて重臣となった。
  • 筒井定次(伊賀上野藩主):養子。

参考資料

  • 筒井順慶像(伝香寺蔵)

-日本の人物, 似顔絵, 戦国時代, 室町時代, 安土桃山時代
-,