歌川広重の似顔絵

歌川広重のイラスト

歌川広重

うたがわひろしげ / Hiroshige(1797-1858)
江戸後期の浮世絵師

江戸の八代洲河岸出身。若くして両親を失うが、家業の火消同心を継がずに絵師を志し、歌川豊広に入門。文政年間は役者絵や美人画などを手掛けるが振るわず、天保になって「東都名所」「東海道五十三次」といった風景画の連作で人気絵師となった。その後も「近江八景」「江戸近郊八景」「木曽街道六十九次」「名所江戸百景」などを次々と発表。近景と遠景の極端なカットや、俯瞰と鳥瞰を駆使した斬新な構図で、印象派など西洋美術の世界にも影響を与えた。

関連人物

  • 歌川豊国(浮世絵師):当初入門を希望したが門人満員で断られた。
  • 歌川豊広(浮世絵師):師。
  • 渓斎英泉(浮世絵師):「木曽街道六十九次」を共作。
  • 歌川国貞(浮世絵師):「双筆五十三次」を共作。
  • 二代歌川広重(浮世絵師):門弟。
  • ゴッホ(画家):広重の影響を受けた。