ヴォルテールの似顔絵

ヴォルテール,ボルテールのイラスト

ヴォルテール / フランソワ=マリー・アルエ

Voltaire / François-Marie Arouet(1694-1778)
フランスの文学者・啓蒙思想家

パリ出身。ルイ=ル=グラン在学中から文才を発揮するが、筆禍事件や貴族との衝突によってバスティーユに二度投獄される。イギリス滞在後の1733年に「哲学書簡」を発表して自国の後進性を風刺し、その後も文学・哲学・歴史学など幅広く執筆活動を展開。人間の理性と自由への信奉、専制政治やキリスト教への批判、またフリードリヒ大王との交流や「百科全書」への参加など、啓蒙思想の典型を示した。代表作に哲学小説「カンディード」など。

「最善説ってなんです?」
「ああ!それはなぁ、うまくいってないのにすべては善だと言い張る血迷った熱病さ」

「カンディード」

関連人物

  • シェイクスピア(劇作家):ヴォルテールが影響を受けた。
  • ロック(哲学者):ヴォルテールが影響を受けた。
  • ニュートン(科学者):ヴォルテールが影響を受けた。
  • ボリングブルック子爵(政治家):イギリス滞在時に交流。
  • スウィフト(小説家):イギリス滞在時に交流。
  • フリードリヒ2世(プロイセン王):交流。
  • ディドロ(作家):百科全書派。
  • ダランベール(物理学者):百科全書派。
  • ルソー(思想家):リスボン地震に関する詩を巡って論戦。
  • ライプニッツ(哲学者):「カンディード」の中で最善説を批判された。

作品提供

(2016/10/17 改作)