永楽帝の似顔絵

永楽帝のイラスト

永楽帝 / 朱棣

えいらくてい / しゅてい(1360-1424)
明朝第3代皇帝

朱元璋の四男。燕王に封ぜられ、北方のモンゴルに対する防備に従事する。父帝の死後、甥の建文帝が諸王勢力の排除を図ると、これに対抗して挙兵。1402年に南京を攻略して帝位を簒奪し、先帝一派を粛清した(靖難の変)。1421年に北京へ遷都。5度に及ぶモンゴル親征、ベトナムの一時占領のほか、李氏朝鮮や琉球の属国化、日本の室町幕府との朝貢貿易を実施。また宦官鄭和に命じて大船団を南海へ派遣するなど、積極的な対外政策を展開した。

関連人物

  • 朱元璋(元末の群雄):父。後の明朝太祖・洪武帝。
  • 建文帝(第2代皇帝):甥。靖難の変により帝位を簒奪された。
  • 姚広孝(僧侶・軍師):側近。靖難の変で軍師として活躍。
  • 鄭和(宦官):側近。永楽帝の命を受け、7度に及ぶ大航海を指揮。
  • 太宗(李朝第3代国王):朝鮮国王として冊封を受けた。
  • 尚思紹王(琉球国中山王):中山王として冊封を受けた。
  • 足利義満(室町幕府第3代将軍):日本国王として冊封を受け、勘合貿易を開始。
  • 洪熙帝(第4代皇帝):長男。