湯川秀樹の似顔絵

湯川秀樹のイラスト

湯川秀樹

ゆかわひでき(1907-1981)
昭和時代の理論物理学者

京都府出身。京都帝大理学部卒業後、湯川家の婿養子となり改姓。1935年に「素粒子の相互作用について」で中間子の存在を予言する。後にこれが実証され、49年にノーベル物理学賞を受賞。母校や東大、コロンビア大などの教職を務めるかたわら、核兵器廃絶を訴えるパグウォッシュ会議に参加するなど、平和運動にも貢献した。

関連人物

  • 小川琢治(地質学者・地理学者):父。
  • 小川芳樹(冶金学者):長兄。
  • 貝塚茂樹(東洋史学者):次兄。
  • 小川環樹(中国文学者):弟。
  • 朝永振一郎(理論物理学者):同期。
  • 坂田昌一(物理学者):同僚。湯川らと共に中間子理論を研究。
  • パウエル(物理学者):湯川が予測したパイ中間子を発見。
  • アインシュタイン(理論物理学者):交流。
  • ラッセル(哲学者):交流。
  • オッペンハイマー(物理学者):交流。