コリオリの似顔絵

コリオリのイラスト

ガスパール=ギュスターヴ・コリオリ

Gaspard-Gustave Coriolis(1792-1843)
フランスの物理学者・機械工学者

パリ出身。エコール・ポリテクニーク卒業後、工兵勤務を経て母校の教授職に就いた。理論力学を整備するため機械の働きについて研究し、1829年に「機械の効果の計算について」を出版。ここで「仕事」の概念を確立し、運動エネルギーに係数1/2を付した定式化を行った。回転座標系に現れる慣性力「コリオリの力」(転向力)に名を残している。

関連人物

  • コーシー(数学者):コリオリを教職に推薦。
  • フーコー(物理学者):コリオリの力を応用して、振り子の実験を行った。