デューラーの似顔絵

デューラーのイラスト

アルブレヒト・デューラー

Albrecht Dürer
(1471-1528)
ドイツ・ルネサンス期の画家

ニュルンベルク出身。金細工師の父から作画の基礎を習い、ヴォルゲムートの工房に入門。修業のため各地を遍歴後、2度のイタリア旅行でヴェネツィアに滞在し、現地の芸術家と交流する。動植物の形態、人体比例、遠近法を深く研究して高度な細密表現を確立。後年は皇帝マクシミリアン1世の庇護を受け内外から名声を獲得、名実共にドイツ・ルネサンスを代表する画家となった。自画像を含む肖像画や宗教画のほか、木版画や銅版画を多く手掛けた。

関連人物

  • ヴォルゲムート(版画家):師。
  • ベッリーニ(画家):ヴェネツィア滞在時に影響を受けた。
  • マンテーニャ(画家):ヴェネツィア滞在時に影響を受けた。
  • マクシミリアン1世(神聖ローマ皇帝):庇護者。
  • グリューネヴァルト(画家):同世代。
  • クラナッハ(画家):同世代。
  • アルトドルファー(画家):「マクシミリアン帝祈祷書」の挿絵を共作。
  • バルドゥング(画家):弟子とされる。

参考資料

  • デューラー:1500年の自画像(アルテ・ピナコテーク蔵)

参考リンク

(2017/08/11 改作)