ミュシャの似顔絵

2014/05/23

ミュシャのイラスト

アルフォンス・ミュシャ

Alphonse Mucha(1860-1939)
チェコの画家・デザイナー

モラヴィア出身。プラハの美術学校の受験に失敗し、ウィーンで舞台美術工房に勤務。のちミュンヘン美術院を卒業してパリへ渡った。1894年、サラ・ベルナール主演の戯曲「ジスモンダ」のポスターで一躍名声を博し、その後も主に商業分野で活躍。草花をモチーフとした幾何学的文様、平面的で装飾的な画面構成、女性の優美な表現で、アール・ヌーヴォーの第一人者となる。1910年に帰郷し、晩年は祖国に取材した油彩画連作「スラヴ叙事詩」を手掛けた。

関連人物

  • シェレ(画家):アール・ヌーヴォーの先駆者。
  • グラッセ(装飾美術家):アール・ヌーヴォーの先駆者。
  • ゴーギャン(画家):友人。
  • ロートレック(画家):友人。
  • ロダン(彫刻家):友人。ミュシャが彫刻を制作する際に協力した。
  • スメタナ(作曲家):「わが祖国」でミュシャに影響を与えた。

参考リンク

-似顔絵, 世界の人物, チェコ
-