ガウスの似顔絵

ガウスのイラスト

カール・フリードリヒ・ガウス

Johann Carl Friedrich Gauß(1777-1855)
ドイツの数学者・天文学者

ブラウンシュヴァイク出身。幼少から数学の才能を示し、フェルディナント公の支援でゲッティンゲン大学へ進学。在学中に正十七角形が作図可能である事を発見、1801年には「整数論」を出版する。また新天体ケレスの軌道算出に成功し、これらの功績で母校の教授と天文台長に招かれた。他に曲面論、最小二乗法、代数方程式の根の存在、超幾何級数、ポテンシャル論、電磁気学など諸分野に幅広い業績を残し、19世紀最大の数学者の一人となった。

関連人物

  • フェルディナント(ブラウンシュヴァイク公):庇護者。
  • ニュートン(科学者):ガウスが独学した。
  • オイラー(数学者):ガウスが独学した。
  • ラグランジュ(数学者):ガウスが独学した。
  • ウェーバー(物理学者):共同で地磁気や電磁気を研究。
  • デデキント(数学者):弟子。
  • エンケ(天文学者):弟子。
  • リーマン(数学者):弟子。
  • メビウス(数学者):弟子。
  • ディリクレ(数学者):ガウスに私淑した。