マッハの似顔絵

マッハのイラスト

エルンスト・マッハ

Ernst Mach(1838-1916)
オーストリアの哲学者・物理学者

モラヴィア出身。グラーツ、プラハ、ウィーン大学の教授を歴任。波動や超音速について研究し、マッハ数の概念を導入。著書「力学の発達」でニュートンによる絶対時間・絶対空間の概念を批判し、アインシュタインの特殊相対性理論への道を開く。実証主義的経験批判論を展開してその先駆者となったほか、心理学や生理学など業績は多岐に渡る。

関連人物

  • ニュートン(科学者):マッハが時間や空間の概念を批判。
  • ドップラー(物理学者):マッハがドップラー効果について研究。
  • アベナリウス(哲学者):共に経験批判論を代表する人物。
  • オストヴァルト(物理化学者):エネルギー一元論を唱えて原子論を批判。
  • ボルツマン(物理学者):原子論を主張してマッハらと論争。
  • プランク(理論物理学者):実在論的立場からマッハらと論争。
  • レーニン(革命家):著書「唯物論と経験批判論」でマッハ主義を批判。
  • アインシュタイン(理論物理学者):マッハの影響を受けた。
  • モホロビチッチ(地震学者):プラハ大学の教え子。
  • パウリ(物理学者):マッハが名付け親になった。