福島正則の似顔絵

福島正則のイラスト

福島正則

ふくしままさのり(1561-1624)
安土桃山時代~江戸初期の武将・大名
安芸広島藩初代藩主

尾張国出身。母が羽柴秀吉の叔母だった縁で早くから秀吉に仕える。賤ヶ岳の戦いで一番槍の武名を上げるなど各地で勇戦し、文禄の役後に尾張清洲城24万石を領した。秀吉没後は石田三成と対立し、会津征伐中の小山評定で打倒三成を宣言。関ヶ原の戦いで東軍先鋒として宇喜多秀家勢と交戦。戦後は安芸備後49万8000石を賜り広島城へ入るが、豊臣恩顧である事を幕府に警戒され、居城を無断修築した咎で信州川中島4万5000石に改易となり、失意のうちに没した。

関連人物

  • 羽柴秀吉(尾張の大名):主君。
  • 豊臣秀頼(豊臣家当主):主君。
  • 加藤清正(豊臣家家臣):武断派の僚友。
  • 浅野幸長(豊臣家家臣):武断派の僚友。
  • 黒田長政(豊臣家家臣):武断派・親徳川派の僚友。正則を打倒三成へ誘導。
  • 池田輝政(豊臣家家臣):武断派の僚友。岐阜城攻めで先鋒を争った。
  • 石田三成(豊臣家家臣):文治派の怨敵。
  • 宇喜多秀家(豊臣家家臣):関ヶ原の戦いで福島勢との激戦の末に敗走。
  • 徳川秀忠(第2代将軍):大名統制の一環で正則に改易を厳命した。
  • 可児才蔵(福島家家臣):関ヶ原の戦いで先鋒隊長として活躍。