大谷吉継の似顔絵

大谷吉継のイラスト

大谷吉継

おおたによしつぐ(1559-1600)
安土桃山時代の武将・大名

出自は諸説あって不明。早くから豊臣秀吉に仕え、旧友の石田三成と共に兵站・検地などの奉行職を歴任。1589年に越前敦賀5万石を領した。秀吉の没後は徳川家康に協調して会津征伐に従うが、途上で三成から家康打倒の挙兵計画を知らされる。無謀であるとして再三の説得を試みるも熱意に負け、やむなく西軍へ与した。関ヶ原本戦では東軍の藤堂高虎・京極高知軍を相手に奮戦。しかし東軍に内応していた小早川秀秋ら諸将の猛攻を防ぎ切れず壊滅、自害した。

関連人物

  • 豊臣秀吉(天下人):主。吉継や三成を吏僚派として重用。
  • 石田三成(五奉行):旧友。
  • 徳川家康(五大老):吉継とは懇意で、西軍加担を知って狼狽したという。
  • 藤堂高虎(東軍の武将):関ヶ原で交戦。
  • 京極高知(東軍の武将):関ヶ原で交戦。
  • 小早川秀秋(西軍の武将):東軍の黒田長政を通じて内応していた。
  • 脇坂安治(西軍の武将):小早川軍の裏切りに呼応して大谷軍に突撃。
  • 平塚為広(西軍の武将):吉継と共に小早川軍相手に奮闘するが討死した。
  • 真田信繁(西軍の武将):娘婿。