オットー大帝の似顔絵

オットー1世のイラスト

オットー1世

Otto I(912-973)
ザクセン朝東フランク王国(ドイツ)第2代国王
神聖ローマ帝国初代皇帝

ハインリヒ1世の長男。父の死後に国王に即き、フランケンやロートリンゲンなど有力諸侯の反乱を抑えてザクセン王族の支配を拡充。国内の教会を保護しつつ、聖職者の任命権を掌握した(帝国教会政策)。955年にはバイエルンに侵入したマジャール人をレヒフェルトの戦いで撃退。またイタリアの王位継承問題に介入、遠征を行って前王の未亡人を後妻とし、のち教皇ヨハネス12世の要請で再度遠征して北イタリアを征圧、962年にローマ皇帝に戴冠した。

関連人物

  • カール大帝(フランク国王):戴冠の先例を示した。
  • ハインリヒ1世(ザクセン公):父。初代国王としてザクセン朝を開いた。
  • アーデルハイト(イタリア王妃):後妻。王位簒奪に際してオットーに救援要請。
  • ベレンガーリオ2世(イタリア王):王位簒奪を図ったが、オットーに屈服。
  • ヨハネス12世(ローマ教皇):オットーに帝冠を授けた。
  • タクショニュ(マジャール首長):レヒフェルトの戦いで敗退。
  • ブルーノ(ケルン大司教):末弟。ロートリンゲン公を兼務。
  • リウドルフ(シュヴァーベン大公):先妻の子。独立を志向して対立。
  • オットー2世(第3代ドイツ王):後妻の子。父帝の死後に皇帝位を継承。
  • ユーグ・カペー(フランス王):甥(妹の子)。