ピタゴラスの似顔絵

ピタゴラス,ピュタゴラスのイラスト

ピタゴラス

Pythagoras(前570?-前496?)
古代ギリシャの数学者・哲学者・宗教家

サモス島出身。イオニア哲学を学んだ後、友人ポリュクラテスの政治改革に共鳴するが、次第に独裁化してゆくポリュクラテスに失望して出奔。南イタリアの植民市クロトンに移住し、当時流行したオルフェウス教の流れをくむ宗教的学派を組織、霊魂の不滅、輪廻、死後の応報を説いた。「万物の根源は数にある」とし、魂を鎮める音楽と永遠不変の真理としての数学を重視。直角三角形の斜辺と他の二辺に関する「ピタゴラスの定理」にその名を残す。

関連人物

  • ポリュクラテス(サモスの僭主):旧友。
  • プラトン(哲学者):ピタゴラス学派の影響を受けた。