サティの似顔絵

サティのイラスト

エリック・サティ

Erik Satie(1866-1925)
フランスの作曲家・ピアニスト

ノルマンディー地方出身。パリ音楽院を中退し、モンマルトルのカフェでピアニストとして活動。1905年からはスコラ・カントルムで対位法などを学んだ。反ロマン主義を掲げ、後の環境音楽を先駆する「家具の音楽」を志向。調性・拍子・小節線などの従来の規則に縛られない独自の自由な書法を示し、同時代の音楽家にも影響を与える。「3つのジムノペディ」「3つのグノシエンヌ」といったピアノ作品のほか、歌曲や舞台音楽も手掛けた。

関連人物

  • ヴァラドン(画家):一時交際していた。ユトリロの実母。
  • ドビュッシー(作曲家):交流。
  • ラヴェル(作曲家):サティの影響を受けた。
  • ダンディ(作曲家):スコラ・カントルムの師。
  • ルーセル(作曲家):スコラ・カントルムの師。
  • コクトー(芸術家):バレエ「パラード」の台本を担当。
  • ピカソ(芸術家):バレエ「パラード」の舞台装置・衣装を担当。