幸徳秋水の似顔絵

幸徳秋水のイラスト

幸徳秋水

こうとくしゅうすい(1871-1911)
明治時代の社会主義者・運動家

高知県出身。幼くして自由民権思想に影響を受け、中江兆民の学僕となる。記者として活動し、1903年に平民主義・社会主義・平和主義を掲げ「平民新聞」を発刊し、日露戦争に反対。やがて無政府共産主義に傾き、労働者による直接行動を提唱する。1910年に天皇暗殺計画が発覚すると、政府主導で首謀者にでっち上げられ、翌年に処刑された(大逆事件)。

関連人物

  • 中江兆民(民権思想家):師。
  • 片山潜(労働運動指導者):盟友。のち幸徳の直接行動論に対立して決裂。
  • 安部磯雄(キリスト教社会主義者):幸徳らと社会民主党を結成。
  • 木下尚江(キリスト教社会主義者):幸徳らと社会民主党を結成。
  • 田中正造(社会運動家):足尾鉱毒問題の直訴状を幸徳が起草した。
  • 堺利彦(社会主義者):幸徳らと「平民新聞」を刊行。
  • 内村鑑三(キリスト教伝道者):幸徳らと日露非戦論を主張。
  • クロポトキン(無政府主義者):後年の幸徳に影響を与えた。
  • 管野スガ(社会主義者):内縁の妻。大逆事件で処刑された。
  • 徳富蘆花(小説家):大逆事件後の講演で幸徳ら被告を弁護した。