プッサンの似顔絵

プッサンのイラスト

ニコラ・プッサン

Nicolas Poussin(1594-1665)
フランス・古典主義の画家

ノルマンディー地方出身。パリへ出てフォンテーヌブロー派に絵画を学ぶ。1624年にローマへ渡り、当時流行のバロック様式を取り入れるが、次第に抑制された色調と安定的な構図による古典主義様式を確立。ルイ13世の招きを受け、王室画家としても一時活動した。神話画・宗教画・風景画などを幅広く手掛け、弟子ルブランによってアカデミーの規範とされたため、フランス絵画の伝統の形成に重要な影響を及ぼした。代表作に「アルカディアの牧人たち」など。

関連人物

  • ティツィアーノ(画家):プッサンが影響を受けた。
  • ラファエロ(画家):プッサンが影響を受けた。
  • カラッチ(画家):プッサンが影響を受けた。
  • ルイ13世(フランス王):プッサンを王室画家に招聘。
  • リシュリュー(枢機卿・宰相):庇護者。
  • ヴーエ(画家):王室画家の同僚。
  • ルブラン(画家):弟子。王立アカデミーの創設者の一人。
  • ダヴィッド(画家):プッサンの影響を受けた。
  • アングル(画家):プッサンの影響を受けた。

参考リンク

(2012/07/25 改作)