ラファエロの似顔絵

ラファエロのイラスト

ラファエロ・サンティ

Raffaello Santi
(1483-1520)
イタリアの画家・建築家

ウルビーノ出身。父から絵画の基礎を学び、次いでペルジーノの工房へ入門。1504年にフィレンツェへ出て、レオナルドやミケランジェロらの影響を受けた。のち教皇ユリウス2世の招きでローマへ移り、ヴァチカンの宮廷画家として活躍した。先達の明暗表現などを吸収しつつ、独自の穏やかで優雅な理想美を確立。その洗練された古典様式は、後世に模範とされた。代表作に「アテナイの学堂」「システィーナの聖母」「キリストの変容」など。

関連人物

  • ジョヴァンニ・サンティ(画家・宮廷詩人):父。ウルビーノ宮廷画家。
  • ペルジーノ(画家):師匠。
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家):ラファエロが影響を受けた。
  • フラ・バルトロメオ(画家):ラファエロが影響を受けた。
  • ミケランジェロ(芸術家):ラファエロが影響を受けた。
  • ブラマンテ(建築家):同郷の先輩。ラファエロを教皇に推薦した。
  • ユリウス2世(ローマ教皇):庇護者。
  • レオ10世(ローマ教皇):庇護者。
  • ロマーノ(画家・建築家):弟子。
  • ペンニ(画家):弟子。

参考資料

  • ラファエロ:23歳の自画像(ウフィツィ美術館蔵)

参考リンク

(2017/03/15 改作)