コペルニクスの似顔絵

コペルニクスのイラスト

ニコラウス・コペルニクス

Nicolaus Copernicus(1473-1543)
ポーランドの天文学者・司祭

トルン出身。クラクフ大学で天文学に触れ、のちイタリアへ渡ってボローニャ大学とパドヴァ大学に学ぶ。帰国後は聖職者である伯父の秘書兼侍医となり、任務のかたわら天体観測に励んだ。当時の社会問題だったユリウス暦と太陽年の誤差に着目、最晩年に「天球の回転について」を出版して太陽中心の宇宙体系(地動説)を提唱した。政治経済面でも活躍し、1528年発表の「貨幣論」ではグレシャムに先駆けて貨幣改悪による物価騰貴を指摘している。

関連人物

  • ブルゼフスキ(天文学者):クラクフ大学の師。
  • ノヴァーラ(天文学者):ボローニャ大学の師。
  • アリスタルコス(天文学者):太陽中心説(地動説)を初めて提唱。
  • プトレマイオス(天文学者):天動説を体系化し、長らく定説とされた。
  • ブラーエ(天文学者):天動説と地動説の折衷案を提唱。
  • ケプラー(天文学者):惑星の楕円軌道を見出し、地動説を支持。
  • ガリレオ(天文学者):地動説を支持して異端審問にかけられた。
  • カント(哲学者):認識の主客関係を転換させ「コペルニクス的転回」と命名。