プトレマイオスの似顔絵

プトレマイオスのイラスト

クラウディオス・プトレマイオス

Claudius Ptolemaeus
(90?-168?)
古代ローマの天文学者・地理学者

生没年や経歴はほとんど不明。127年から141年にかけて、アレクサンドリアで天体観測をしていた事績が残されている。全13巻からなる主著「アルマゲスト(数学全書)」において、旧来の天文学を数学的に体系化して天動説的宇宙論を完成、その宇宙観は長らく権威とされた。また初めて緯度・経度を用いた地理学書「ゲオグラフィア」、占星術の古典「テトラビブロス」などの著述があり、数学や音楽についての考察も行ったとされる。

参考資料

  • アリストテレス(哲学者):プトレマイオスが体系化。
  • アポロニウス(数学者):プトレマイオスが「アルマゲスト」で引用。
  • ヒッパルコス(天文学者):プトレマイオスが「アルマゲスト」で引用。
  • バッターニー(天文学者):プトレマイオスの天文学を継承・発展させた。
  • コロンブス(航海者):「ゲオグラフィア」の影響を受けた。
  • コペルニクス(天文学者):地動説を提唱。