李白の似顔絵

李白のイラスト

李白

りはく / Li Bai(701-762)
中国・盛唐期の詩人

幼少を蜀の錦州(四川省)で過ごす。25歳頃に長江を下り、洛陽・太原・山東など各地を放浪。742年、友人の伝手で仕官が叶い、玄宗の側近として仕えた。しかし奔放な言動で周囲から疎まれて讒言により失脚。退官後、洛陽で杜甫と知り合い親交を深める。安史の乱が起きると、永王の幕僚として連座されたが、後に赦免された。晩年は江南を拠点に再び放浪し、当塗県(安徽省)にて病没。天衣無縫の詩風で七言絶句に優れ、後世に「詩仙」と尊ばれた。

関連人物

  • 玄宗(第9代皇帝):李白が翰林供奉として仕えた。
  • 楊貴妃(皇妃):玄宗の寵姫。
  • 高力士(宦官)玄宗の側近。李白を讒訴したとされる。
  • 孟浩然(詩人):朋友。
  • 賀知章(詩人):朋友。李白を謫仙(天から流された仙人)と讃えた。
  • 杜甫(詩人):朋友。
  • 高適(詩人):朋友。
  • 阿倍仲麻呂(遣唐留学生):朋友。
  • 李陽冰(書家):晩年の李白が寄寓していた。
  • マーラー(作曲家):李白の詩に基づく交響曲「大地の歌」を作曲。