前島密の似顔絵

前島密のイラスト

前島密

まえじまひそか(1835-1919)
幕末の幕臣、明治時代の官僚・政治家

越後国出身。江戸で医学・蘭学を学び、全国周遊しながら砲術や航海術も会得。のち幕臣前島家に養子入り。新政府に出仕し、飛脚に代わる郵便制度の創設を建議、イギリス出張を経て、1871年に東海道~大阪間で官営の郵便事業を開始した。政変で辞職後は大隈重信らと立憲改進党の結成に参加、後年は電話交換事業の創設にも尽力した。

関連人物

  • 武田斐三郎(兵学者):航海術の師。箱館五稜郭の設計者。
  • 徳川慶喜(第15代将軍):前島が国民教育のために漢字廃止案を建言。
  • 大久保利通(新政府参与):大坂遷都計画に対し、前島が江戸遷都論を建言。
  • 大隈重信(立憲改進党党首):明治十四年の政変で辞職し、新党結成。
  • 榎本武揚(逓信大臣):逓信次官になるよう前島に要請。