徳川慶喜の似顔絵

2014/06/29

徳川慶喜のイラスト

徳川慶喜 / 一橋慶喜

とくがわよしのぶ / ひとつばしよしのぶ(1837-1913)
一橋徳川家第9代当主
江戸幕府第15代将軍

徳川斉昭の七男。水戸弘道館で学び、11歳で一橋家を相続。将軍継嗣問題で徳川慶福(家茂)に敗れ、安政の大獄で隠居謹慎となる。桜田門外の変後、将軍後見職として公武合体策を推進。家茂の死後に将軍に就任して幕政改革を図るも、倒幕の動きに屈して大政を奉還した。のち鳥羽・伏見の戦いに大敗し、江戸開城に伴って水戸で謹慎、徳川宗家の家督を田安亀之助(家達)に譲って駿府へ移る。赦免後は新政府で貴族院議員になるが、専ら趣味に生きた。

関連人物

  • 徳川斉昭(第9代水戸藩主):父。
  • 徳川家茂(第14代将軍):将軍継嗣問題の対立候補。慶喜が将軍後見職を務めた。
  • 井伊直弼(大老):安政の大獄で慶喜を隠居謹慎処分とした。
  • 徳川慶勝(第14代尾張藩主):慶喜らと直弼に抗議し、安政の大獄で処罰された。
  • 松平慶永(第16代福井藩主):政事総裁職として慶喜と共に幕政改革を行った。
  • ロッシュ(フランス公使):幕政改革を支援。
  • 明治天皇(第122代天皇):慶喜が政権返上を上奏した。
  • 小栗忠順(幕臣):鳥羽・伏見の戦いで慶喜の恭順論に対し、徹底抗戦を主張。
  • 勝海舟(幕臣):軍事総裁として江戸無血開城を主張。
  • 徳川家達(第16代当主):新政府から徳川宗家の相続を許可された。

-日本の人物, 幕末, 似顔絵, 江戸時代, 明治時代
-, ,