シューマンの似顔絵

シューマンのイラスト

ロベルト・シューマン

Robert Alexander Schumann
(1810-1856)
ドイツの作曲家・音楽批評家

ザクセン王国出身。ライプツィヒ大学とハイデルベルク大学で法学を学ぶ。早くから音楽や文学に親しみピアニストを志すが、指の故障により断念して評論と作曲に専念する。生来の詩的想像力と繊細な感受性を活かし、ピアノ曲や歌曲を中心にドイツ・ロマン主義の理念を表現。しかし次第に精神障害に悩まされ、投身自殺を図るまでに悪化し、療養所で余生を過ごした。評論家として友人ショパンや若きブラームスを紹介した事でも知られる。

関連人物

  • クララ・シューマン(ピアニスト):妻。
  • シューベルト(作曲家):シューマンが影響を受けた。
  • メンデルスゾーン(作曲家):友人。
  • ショパン(作曲家):友人。
  • リスト(作曲家):友人。
  • ブラームス(作曲家):シューマンに才能を見込まれ、音楽界に紹介された。
  • シャミッソー(詩人):「女の愛と生涯」の原詩作者。
  • ハイネ(詩人):「詩人の恋」の原詩作者。
  • アイヒェンドルフ(小説家・詩人):「リーダークライス」の原詩作者。
  • リュッケルト(詩人):「愛の春」の原詩作者。

(2017/04/02 改作)