菅原道真の似顔絵

菅原道真,菅公,天神のイラスト

菅原道真

すがわらのみちざね(845-903)
平安前期の公卿・学者

菅原是善の三男。幼少より文才に優れ、文章博士などを歴任。讃岐守在任中の阿衡事件では藤原基経を諌めて解決を促し、宇多天皇の信任を得る。帰京後も要職を歴任し、遣唐使廃止を建議するなど朝政に重きをなし、醍醐天皇の治世で右大臣へ昇進。しかし政権運営を巡る抗争が激化し、901年、左大臣藤原時平の讒言で大宰権帥へ左遷され、失意の余生を送った。後世に天満天神、学問の神様として尊ばれている。編著に「類聚国史」、詩文集「菅家文草」など。

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

東風が吹いたら、匂いを私のもとへ届けてくれ、梅の花よ。
主人がいないからといって、春を忘れるなよ。

「拾遺和歌集」
大宰府下向時の詠歌

関連人物

  • 菅原是善(文章博士):父。
  • 宇多法皇(第59代天皇):道真の学識を信頼して重用。
  • 醍醐天皇(第60代天皇):時平の讒言を容れて道真を左遷。
  • 藤原基経(太政大臣):阿衡事件に際し、道真から諌められた。
  • 藤原時平(左大臣):政敵。道真を失脚させた張本人とされる。
  • 藤原忠平(公卿):時平の弟。道真と親交があったとされる。
  • 都良香(漢詩人):対策受験時の問答博士。
  • 在原業平(歌人):友人。
  • 紀長谷雄(漢詩人):友人。
  • 三善清行(官人):論敵。政変直前に道真へ辞職勧告をしている。

参考資料

  • 松平定信編:「集古十種」より

参考リンク

(2014/10/08 改作)