J.S.バッハの似顔絵

バッハのイラスト

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

Johann Sebastian Bach
(1685-1750)
ドイツのオルガニスト・作曲家

アイゼナハ出身。音楽家の一族に生まれ、少年期に両親を失ったため兄に養育される。リューネブルクの学校を卒業し、アルンシュタット、ミュールハウゼン、ヴァイマル、ケーテン、ライプツィヒと移住しながら各地の宮廷楽師・音楽監督として活動。管弦楽曲・協奏曲・室内楽曲・器楽曲・宗教音楽などを幅広く手掛け、バロック時代の対位法的な多声音楽を極限まで洗練させた。また鍵盤楽器の演奏に長け、生前は即興演奏の名手として知られた。

関連人物

  • フリードリヒ2世(プロイセン王):「音楽の捧げもの」を献呈された。
  • ブクステフーデ(作曲家):バッハに影響を与えたオルガニストの一人。
  • ラインケン(作曲家):バッハに影響を与えたオルガニストの一人。
  • ヴィヴァルディ(作曲家):バッハに影響を与えたヴァイオリニストの一人。
  • テレマン(作曲家):友人。次男エマヌエルの名付け親。
  • ヘンデル(作曲家):同い年。ただし直接の面識はなかったとされる。
  • ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(作曲家):長男。
  • カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(作曲家):次男。
  • ヨハン・クリスティアン・バッハ(作曲家):末子。
  • メンデルスゾーン(作曲家):「マタイ受難曲」を復活上演して再評価に貢献。
  • リスト(作曲家):「バッハの名による幻想曲とフーガ」を作曲。
  • レーガー(作曲家):「バッハの名による幻想曲とフーガ」を作曲。

参考資料

  • ハウスマン:J.S.バッハの肖像(ライプツィヒ・バッハ博物館蔵)

(2017/09/25 改作)