紀貫之の似顔絵

紀貫之のイラスト

紀貫之

きのつらゆき(872?-945?)
平安前期の歌人・随筆家

紀望行の子。内膳典膳、大内記、土佐守、木工権頭などを歴任。藤原氏の勢威に押されて官人としては不遇だったが、若くして歌才を示して宮廷歌壇で活躍。905年、醍醐天皇の命を受け、初の勅撰和歌集「古今和歌集」の編纂に参画し、歌論的序文「仮名序」を草するなど当代一流と目された。歌風は理知的・分析的とされる。また「土佐日記」は、任地土佐から帰京の旅路を一女性に仮託して綴った紀行文で、仮名による日記文学の先駆として名高い。

和歌は人の心を種として、多くの言葉となって生まれたものである。
…花のそばで鳴くウグイスや水辺のカエルの鳴き声を聞けば、生きとし生けるもの、歌を詠まないものがあろうか。力を入れずとも天地の神々を動かし、目に見えない鬼神をも感動させ、男女の仲を睦ませ、猛々しい武者の心をも慰める、これが歌なのである。

「古今和歌集・仮名序」(現代語訳)

関連人物

  • 宇多法皇(第59代天皇):歌合を主宰。
  • 醍醐天皇(第60代天皇):「古今和歌集」撰進の命を下した。
  • 藤原定方(公卿・歌人):庇護者。兼輔と共に醍醐朝の宮廷歌壇を支えた。
  • 藤原兼輔(公卿・歌人):庇護者。紫式部の曾祖父。
  • 清原深養父(歌人):交流。清少納言の曾祖父。
  • 紀友則(歌人):従兄弟。「古今和歌集」共編者。
  • 凡河内躬恒(歌人):「古今和歌集」共編者。
  • 壬生忠岑(歌人):「古今和歌集」共編者。
  • 紀淑望(歌人):「古今和歌集」真名序の作者とされる。
  • 紀時文(歌人):子。「後撰和歌集」編者の一人。

参考資料

  • 菊池容斎:「前賢故実」より

参考リンク

作品提供