淀殿の似顔絵

淀殿のイラスト

淀殿 / 浅井茶々

よどどの / あざいちゃちゃ(1567/69-1615)
安土桃山時代~江戸初期の女性
豊臣秀吉の側室

浅井長政とお市の方の長女。小谷城の戦いで父を失い、織田方へ保護される。のち母の嫁ぎ先である柴田勝家の越前北ノ庄城に移るが、賤ヶ岳の戦いで落城。羽柴秀吉の保護を受けて側室となり、山城淀城に住み、淀の方と呼ばれた。秀吉没後は幼い次男秀頼を擁して大坂城に移り、豊臣家の実権を掌握。しかし関ヶ原の戦いを経て江戸で政権を築く徳川家康と対立し、大坂の陣で総攻撃を受けて大坂城は落城。秀頼と共に自害し、豊臣家は滅亡した。

関連人物

  • 浅井長政(北近江の大名):父。小谷城の戦いに敗れ自害。
  • お市の方(長政の正室):母。賤ヶ岳の戦いで勝家と共に自害。
  • 織田信長(尾張の大名):伯父(母の兄)。
  • 柴田勝家(織田家家臣):継父。賤ヶ岳の戦いに敗れ自害。
  • 豊臣秀吉(天下人):夫。
  • 北政所(秀吉の正室):淀殿との関係は対立説と協調説がある。
  • 豊臣秀頼(豊臣家当主):次男。
  • 徳川家康(征夷大将軍):敵将。
  • 初(京極高次の正室):長妹。
  • 江(徳川秀忠の正室):次妹。

参考資料

  • 伝淀殿画像(奈良県立美術館蔵)