スピノザの似顔絵

スピノザのイラスト

バールーフ・デ・スピノザ

Baruch de Spinoza
(1632-1677)
オランダの哲学者・神学者

アムステルダム出身。ユダヤ教の学校でヘブライ語と聖典を学ぶが、デカルト哲学の影響で教義に批判的となり、23歳で教団から破門される。以後、各地を転々としながら研究に専念。1675年完成の主著「エチカ」で、思惟と延長は、唯一の実体である神(=自然)の二つの属性で、全ての事物は神の様態に他ならないとする一元的汎神論を主張。人間は事物を神との必然的な関係において直観する時、「神への知的愛」に達して至福が得られるとした。

関連人物

  • マイモニデス(ユダヤ哲学者):スピノザが影響を受けた。
  • デカルト(哲学者):スピノザが影響を受けた。
  • ダ・コスタ(ユダヤ人思想家):聖書批判と自然的思考でスピノザを先駆。
  • ライプニッツ(哲学者):交流。
  • デ・ウィット(政治家):交流。
  • M.メンデルスゾーン(哲学者):汎神論の解釈を巡って論争。
  • ヤコービ(哲学者):汎神論の解釈を巡って論争。
  • フィヒテ(哲学者):スピノザの影響を受けた。
  • ヘーゲル(哲学者):スピノザの影響を受けた。
  • シェリング(哲学者):スピノザの影響を受けた。
  • ネグリ(哲学者):スピノザの研究者。

参考資料

  • 作者不明:スピノザの肖像(ヘルツォーク・アウグスト図書館蔵)

(2017/08/11 改作)