カラヴァッジョの似顔絵

カラヴァッジョ,カラバッジョのイラスト

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

Michelangelo Merisi da Caravaggio
(1571-1610)
イタリア・バロック期の画家

ミラノ出身。故郷で絵画の修行をし、ローマへ出て活動。1600年にコンタレッリ礼拝堂に描いた連作画「聖マタイの召命」「聖マタイの殉教」で一躍名声を高める。一方で素行の悪さでも知られ、35歳の時に決闘で殺人を犯し、各地へ逃避行しながら制作を続けた。徹底した写実描写と強烈な明暗対比でバロック絵画を先駆。工房や弟子を持たなかったものの、その劇的で生々しい表現は賛否を巻き起こし、多くの追随者(カラヴァジェスキ)を生んだ。

関連人物

  • ペテルツァーノ(画家):ミラノ時代の師。ティツィアーノの弟子。
  • チェーザリ(画家):ローマ時代の師。
  • デル・モンテ(枢機卿):初期のパトロン。
  • シピオーネ(枢機卿):晩年のパトロン。
  • オラツィオ・ジェンティレスキ(画家):友人。カラヴァジェスキ。
  • アルテミジア・ジェンティレスキ(画家):カラヴァジェスキ。
  • テル・ブルッヘン(オランダの画家):カラヴァジェスキ。
  • ホントホルスト(オランダの画家):カラヴァジェスキ。
  • ルーベンス(フランドルの画家):カラヴァッジョの影響を受けた。
  • ラ・トゥール(フランスの画家):カラヴァッジョの影響を受けた。
  • ヴーエ(フランスの画家):カラヴァッジョの影響を受けた。
  • リベーラ(スペインの画家):カラヴァッジョの影響を受けた。

参考資料

  • レオーニ:カラヴァッジョの肖像(マルチェッリアーナ図書館蔵)

参考リンク

(2019/07/14 改作)