藤原鎌足の似顔絵

藤原鎌足,中臣鎌足のイラスト

藤原鎌足 / 中臣鎌足

ふじわらのかまたり / なかとみのかまたり
(614-669)
飛鳥時代の豪族
藤原氏の始祖

中臣御食子の子。若くして兵法書「六韜」を暗記し、旻や南淵請安から儒教を学ぶ。国政を専横する蘇我氏を打倒すべく、中大兄皇子に接近して密議を重ね、645年に蘇我入鹿を暗殺するクーデターを決行、蘇我氏本宗家を滅ぼした(乙巳の変)。中大兄が孝徳天皇の皇太子になると、重臣として政治改革「大化の改新」を補佐。白村江での敗戦後は対唐・新羅和平策を進める。臨終に際し、天智天皇から大織冠を授けられ、藤原朝臣の姓を賜った。

私はもはやお役に立てませぬ。敢えて申すべきこともございませぬが、願わくば、葬儀は簡素にしていただきたく思います。生前は軍略で国益をもたらせず、死後にまで臣民に難儀をおかけすることはできませぬ。

「日本書紀」
巻第二十四 皇極天皇

関連人物

  • 孝徳天皇(第36代天皇):主。政変以前から親交があった。
  • 斉明天皇(第37代天皇):主。
  • 天智天皇(第38代天皇):主。改新政府の改革派。
  • 蘇我蝦夷(大臣):政敵。子入鹿の暗殺後、自害に追い込まれた。
  • 蘇我入鹿(大臣):政敵。鎌足らによるクーデターで暗殺された。
  • 阿倍倉梯麻呂(左大臣):改新政府の保守派として鎌足と対立。
  • 蘇我倉山田石川麻呂(右大臣):改新政府の保守派として鎌足と対立。
  • 南淵請安(学僧):儒教の師。
  • 定恵(学僧):長男。遣唐使に随行して留学した。
  • 藤原不比等(公卿):次男。天智の御落胤という説もある。

参考資料

  • 藤原鎌足像(陽明文庫蔵)
  • 藤原鎌足木像(談山神社蔵)

(2017/01/19 改作)