蘇我入鹿の似顔絵

蘇我入鹿のイラスト

蘇我入鹿 / 蘇我鞍作

そがのいるか / そがのくらつくり
(?-645)
飛鳥時代の豪族・大臣

蘇我蝦夷の長男。青少年期は旻の学堂に学んだ秀才だったといわれる。皇極天皇が即位した頃には国政に権勢を振るい、643年に父から大臣の位を継承。ほどなく近縁の古人大兄皇子を擁立して政権の独占を図り、対立していた山背大兄王ら上宮王家一族を討滅する。以降、皇族や諸豪族の強い反発を招き、水面下でクーデター計画が進行。飛鳥板蓋宮での儀式において、中臣鎌足・中大兄皇子らに暗殺され、蘇我本宗家は滅亡した(乙巳の変)。

まさに皇位にあらせられるべきお方は天の御子様でございます。この私めにいかなる罪があるというのでしょう。どうか詳しいご詮議のほどを。

「日本書紀」
巻第二十四 皇極天皇
最期の言葉

関連人物

  • 蘇我蝦夷(大臣):父。入鹿横死を知り、自邸を放火して自害。
  • 皇極天皇(第35代天皇):主。乙巳の変を受けて弟の軽皇子に譲位した。
  • 山背大兄王(皇族):政敵。入鹿主導とされる軍勢の襲撃を受け自害。
  • 古人大兄皇子(皇族):従兄弟。蘇我本家滅亡で後ろ盾を失い、隠退した。
  • 中大兄皇子(皇族):古人の異母弟。蘇我本家を滅ぼし、大化の改新を断行。
  • 旻(学僧):儒学と仏法の師。入鹿の学才を「如く者なし」と称えた。
  • 中臣鎌足(豪族):学堂の同門。蘇我氏の専横に反発し、クーデターを計画。
  • 蘇我倉山田石川麻呂(豪族):従兄弟。入鹿と対立し、クーデターに加担。
  • 佐伯子麻呂(官人):中大兄に仕え、クーデターで入鹿を斬殺。
  • 巨勢徳多(官人):側近。入鹿の命で山背大兄王の征討を指揮した。

参考資料

  • 蘇我入鹿坐像(入鹿神社蔵)

(2017/01/19 改作)