萩原朔太郎の似顔絵

萩原朔太郎のイラスト

萩原朔太郎

はぎわらさくたろう(1886-1942)
大正時代~昭和初期の詩人

群馬県出身。前橋中学在学中より創作を始め、高校を中退。1913年に北原白秋主宰の「朱欒」で詩人としてデビューし、室生犀星や山村暮鳥と同人活動をする。1917年刊行の第一詩集「月に吠える」で口語と自由律による新しい詩風を開拓し、一躍詩壇で地位を確立。のち虚無と倦怠を詠った「青猫」、漢文調の文語体による「氷島」を発表。後年は詩作を控え、アフォリズムや文芸批評に専心した。音楽を愛好し、マンドリン奏者としての一面もあった。

関連人物

  • 与謝野鉄幹(歌人):「明星」主宰。
  • 北原白秋(詩人):「朱欒」主宰。
  • 室生犀星(詩人):生涯の友人。
  • 山村暮鳥(詩人):朔太郎、犀星と「人魚詩社」を結成。
  • 三好達治(詩人):詩論「萩原朔太郎」を執筆。
  • 与謝蕪村(俳人):朔太郎が詩歌論を著した。