ボシュエの似顔絵

2014/05/24

ボシュエのイラスト

ジャック=ベニーニュ・ボシュエ

Jacques-Benigne Bossuet(1627-1704)
フランスの神学者・歴史家

ディジョン出身。パリに出て神学を学び、32歳で司教となり、説教師として名声を得た。1670年よりルイ14世の王太子ルイの教育係を担当。著書「世界史論」で神と人間の交流を描き、王権の正統性を立証して「王権神授説」を支持。後年はモーの司教として、教皇庁に対しフランス・カトリック教会の自由を主張した。

関連人物

  • アンヌ・ドートリッシュ(ルイ13世の妃):ボシュエが説教を行った。
  • ルイ14世(フランス王):ボシュエの王権神授説を掲げ、絶対君主制を確立。
  • ルイ・ド・フランス(ルイ14世の王太子):ボシュエが教育係を務めた。
  • ヘンリエッタ・マリア(イングランド王妃):ボシュエが追悼演説を行った。
  • ヘンリエッタ・アン(イングランド王族):ボシュエが追悼演説を行った。
  • ルイ2世(コンデ公):ボシュエが追悼演説を行った。
  • フェヌロン(作家・聖職者):神秘論をボシュエから厳しく批評された。
  • フィルマー(政治思想家):ピューリタン革命期の王権神授説論者。

作品提供

-似顔絵, 世界の人物, フランス
-,