十返舎一九の似顔絵

十返舎一九のイラスト

十返舎一九

じっぺんしゃいっく(1765-1831)
江戸後期の戯作者

駿河国出身。本名は重田貞一。当初は江戸や大坂で武家奉公していたが、ほどなく浪人して浄瑠璃作家に転じた。30歳の時に江戸へ出直して蔦屋重三郎方に寄宿し、挿絵や版下制作を手伝いながら黄表紙を発表。1802年初刷の滑稽本「東海道中膝栗毛」が大当たりし、以後20年以上に及ぶ人気シリーズとなった。他に洒落本、人情本、読本、咄本、合巻など幅広く手掛けて文名を確立。山東京伝や曲亭馬琴らに並ぶ戯作者として、原稿料だけで自活したという。

関連人物

  • 蔦屋重三郎(版元):主人。
  • 山東京伝(戯作者):交友。
  • 式亭三馬(戯作者):交友。
  • 曲亭馬琴(読本作者):交友。
  • 仮名垣魯文(戯作者):一九に倣って「西洋道中膝栗毛」を執筆。

参考資料

  • 岩本活東子:「戯作六家撰」より
  • 永井如雲:「国文学名家肖像集」より