島崎藤村の似顔絵

島崎藤村のイラスト

島崎藤村

しまざきとうそん(1872-1943)
明治時代~昭和初期の詩人・小説家

筑摩県出身。明治学院卒業後に教師となり、文芸誌「文学界」に参加。1897年に「若菜集」を刊行して浪漫派詩人として注目される。のち小説へ転向し、1906年発表の長編「破戒」で文壇での地位を確立。次いで「春」「家」で自然主義文学の第一人者となる。フランス滞在からの帰国後、姪との不倫を自伝的に綴った「新生」は、世間の大きな反響を呼んだ。その後は父をモデルにした歴史小説「夜明け前」を連載。晩年は日本ペンクラブの初代会長を務めた。

関連人物

  • 星野天知(作家):「文学界」主宰。
  • 北村透谷(評論家・詩人):藤村が影響を受けた。
  • 樋口一葉(小説家):交友。
  • 田山花袋(小説家):交友。共に自然主義文学を代表する作家。
  • 柳田國男(民俗学者):交友。
  • 正宗白鳥(小説家):日本ペンクラブに参加。
  • 徳田秋声(小説家):日本ペンクラブに参加。
  • 弘田龍太郎(作曲家):藤村の詩「千曲川旅情の歌」を歌曲とした。
  • 芥川龍之介(小説家):「新生」の主人公を「老獪な偽善者」と評した。