アレクサンドロス大王の似顔絵

2017/06/06

アレクサンドロス3世,アレクサンダー大王のイラスト

アレクサンドロス3世

Alexander III of Macedon(前356-前323)
アルゲアス朝マケドニア王

フィリッポス2世の子。少年期にアリストテレスに学ぶ。父王の暗殺を受けて20歳で即位すると、前334年から東方遠征を開始、イッソス、ガウガメラの戦いでダレイオス3世を撃破してアケメネス朝ペルシャを滅ぼした。以後も進軍を続け、中央アジア、インド北西部に至る世界帝国を実現。東西文化の融合を図ってヘレニズム文化の基盤を築くが、バビロン帰還後ほどなく熱病で急死。帝国は遺臣達(ディアドコイ)による内乱状態に陥ってしまった。

関連人物

  • フィリッポス2世(マケドニア王):父王。ペルシャ遠征決議後、宴席で暗殺された。
  • アリストテレス(哲学者):教育係。
  • ダレイオス3世(ペルシャ王):マケドニア軍に敗れ、逃走中に暗殺された。
  • アレクサンドロス4世(マケドニア王):嫡男。内乱の最中に抹殺された。
  • ペルディッカス(マケドニア将軍):大王没後に摂政として暫定政権を指導。
  • プトレマイオス1世(マケドニア将軍):ディアドコイの一人としてエジプトに割拠。
  • セレウコス1世(マケドニア将軍):ディアドコイの一人としてオリエントを支配。
  • アンティゴノス1世(マケドニア将軍):ディアドコイの一人として小アジアを維持。
  • リュシマコス(マケドニア将軍):ディアドコイの一人。
  • カッサンドロス(重臣アンティパトロスの子):大王没後に遺族を抹殺した。

作品提供

-似顔絵, 世界の人物, エジプト, ギリシャ, シリア, マケドニア
-,