モンテヴェルディの似顔絵

モンテヴェルディ,モンテベルディのイラスト

クラウディオ・モンテヴェルディ

Claudio Monteverdi
(1567-1643)
イタリアの作曲家

クレモナ出身。インジェニェーリに師事し、15歳で最初の曲集を出版。マントヴァの宮廷楽長を経て、後年はヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂の楽長として活躍。伝統的な対位法音楽「第一作法」から、より自由で歌詞の表出を重視する「第二作法」を導入し、ルネサンス音楽からバロック音楽への変革をもたらした。多くのマドリガーレのほか、オペラ「オルフェオ」「ポッペアの戴冠」や「聖母マリアの夕べの祈り」といった教会音楽を残した。

関連人物

  • インジェニェーリ(作曲家):師。クレモナ大聖堂の楽長。
  • ヴィンチェンツォ1世(マントヴァ公):庇護者。
  • ルーベンス(画家):マントヴァ宮廷時代の同僚。
  • アルトゥージ(音楽理論家):音楽作法を巡ってモンテヴェルディと論争。
  • カヴァッリ(作曲家):弟子。
  • ネロ(ローマ皇帝):オペラ「ポッペアの戴冠」の題材。