サド侯爵の似顔絵

マルキ・ド・サドのイラスト

ドナティアン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド

Donatien Alphonse François de Sade(1740-1814)
フランスの貴族・小説家・思想家

パリ出身。通称マルキ・ド・サド(サド侯爵)。ルイ・ル・グランに学び、士官として七年戦争に従軍。のちアルクイユやマルセイユで暴行事件を起こし、バスティーユ牢獄に収監。獄中で執筆を始め、独自の自由思想に基づいた背徳的な小説を創作する。革命を機に一時釈放されるが、その後も入獄・出獄を繰り返し、精神病院で余生を送った。代表作「ソドム百二十日」「悪徳の栄え」などにみられる加虐的な性的表現で、後に「サディズム」の語源になった。

関連人物

  • ナポレオン(フランス第一統領):サドの拘禁を指示。
  • クラフト=エビング(精神科医):「サディズム」を造語。
  • ザッハー=マゾッホ(小説家):「マゾヒズム」の語源。
  • アポリネール(詩人):サド作品を再評価。
  • バタイユ(哲学者):サドを哲学的に考察。
  • クロソウスキー(小説家):「わが隣人サド」を執筆。
  • 澁澤龍彦(仏文学者):サド作品を翻訳。
  • 三島由紀夫(小説家):「サド侯爵夫人」を執筆。